トップページ > (株)辻本金属製作所 > お客様の笑顔と満足のために3Mの心で 奮闘 <3M:前向きな心で、無駄をなくし、納期を前倒し>
    • 企業の紹介
    • いちおし製品・技術
    • とっておき情報

(株)辻本金属製作所

掲載日: 2014年01月20日

お客様の笑顔と満足のために3Mの心で 奮闘 <3M:前向きな心で、無駄をなくし、納期を前倒し>

社屋と中国の無錫工場(無錫は主要顧客との合弁)

【強みを生み出す技術力】
※2つの技術力をベースに、既存製品以外の分野にも、積極的に対応いたします。

【その1】「曲げ」の技術力
 ■コアスキルは「曲げ」
 ・2次元自動曲げ
  曲げ⇒切断⇒洗浄までの一連の全自動工程
 ・3次元自動曲げ
  自由曲線を「一筆書き」で曲げ、接合箇所を激減

【その2】非常に美しい表面仕上げ
 ■その仕上は「ジュエリー」と感嘆される
 ・鏡面仕上げ
 ・ヘアーライン仕上

当社の3次元曲げによる2011年新製品(OEM) 多彩な形状を実現する3次元ベンダー(日進精機製)

会社案内

企業名(株)辻本金属製作所
企業名
(フリガナ)
ツジモトキンゾクセイサクショ
郵便番号 577-0032
住所 東大阪市御厨6-3-36    マップ表示
電話番号 06-6785-2772
Fax番号 06-6785-2775
担当窓口部署 生産統括
担当者名 大さこ 義昭
担当者名
(フリガナ)
オオサコ ヨシアキ
メールアドレス メールでこの企業に問い合わせる
ホームページアドレス http://on.fb.me/wkK84v
携帯サイトアドレス
本社
郵便番号 543-0041
住所 大阪市天王寺区真法院4番8号
電話番号 06-6785-2772
Fax番号 06-6785-2775
代表者名 辻本 敏
代表者名
(フリガナ)
ツジモト サトシ
創業年月 1954年1月
従業員数 30人
創立年月 1964年9月
主要業務 ステンレスの金属加工
資本金 2800万円
決算期 12月
上場区分
事業実績 ●方針
 1.「お客様の笑顔と満足のために」をモットーに、3Mの精神で高品質の製品・サービスを提供します。
 2.「環境にやさしく」をモットーに、エネルギー・資源の浪費を減らします。
 3.法規制など社会との約束を遵守し、環境保全に努めます。
 4.この方針を実現するため、マネジメントシステムの継続的改善に取組みます。
●モットー
 「お客様の笑顔と満足のために3Mの心で奮闘」
 <3M:前向きな心で(1M)無駄をなくし(2M)納期を前倒し(3M)>
●主な沿革
 1964.09 (株)辻本金属製作所を設立
 1997.01 東大阪御厨(現在地)に新社屋・新工場建設
 1997.06 CNCパイプベンダー(2次元自動曲げ)導入
 1998.06 ISO9001取得
    (※2010年、ISO14001へ統合のため規格返上)
 2002.12 ISO14001取得
 2004.03 中国無錫工場(主要顧客との合弁)稼働
 2009.04 3次元パイプベンダー導入
 2011.07 3次元曲げ新製品(OEM) 出荷開始

自社が対応している技術分野

加工処理技術
素材
加工・処理(技術)
製品
●ステンレス鋼
(SUS304)
●真鍮・鉄・チタン
素材加工から完成品までの一貫製造。曲げ加工がコアスキル。ドアハンドル(OEM)
エレベータ手すり(OEM)
トイレ手すり(OEM)
その他建築金物製品(OEM)
技術力 【強みを生み出す技術力】
※2つの技術力をベースに、既存製品以外の分野にも、積極的に対応いたします。

【その1】「曲げ」の技術力
 ■コアスキルは「曲げ」
 ・2次元自動曲げ
  曲げ⇒切断⇒洗浄までの一連の全自動工程
 ・3次元自動曲げ
  自由曲線を「一筆書き」で曲げ、接合箇所を激減

【その2】非常に美しい表面仕上げ
 ■その仕上は「ジュエリー」と感嘆される
 ・鏡面仕上げ
 ・ヘアーライン仕上

自社製品が関連するモノや分野

最終製品物
製品(モノ)の名前
部品(パーツ)名
ドアハンドル(OEM)、エレベータ手すり(OEM)、トイレ手すり(OEM)、その他建築金物製品(OEM)各種曲げ加工品
関連分野 車輌・自動車・バイク・造船・介護用機器・家具・公園遊具・インテリア・エクステリア・その他曲げ加工を必要とする金属製品全般

製造能力

製造能力 ●曲げ関係
 2次元パイプベンダー 20,000本/月
 手動ベンダー 2,000本/月
 3次元パイプベンダー 2,000本/月
 その他(板曲げ・FB曲げ・アングルベンダー曲げ)
●バフ研磨 15,000本/月
保有機械・設備 ●2次元パイプベンダー(OPTON ECO-50R-UD-O) 1台
●3次元パイプベンダー(NISSIN NPB030M-4000) 1台
●手動パイプベンダー(IHI,CHIYODA) 5台
●アングルベンダー(ZOPF C403HE) 1台
●ブレーキプレス(AMADA) 1台
●セットプレス(AMADA) 1台
●パンチプレス(AMADA) 1台
●コンタ(AMADA) 1台
●CNCワイヤ放電加工機(WASHINO TW-530) 1台
●シャーリング(AMADA M1245) 1台
●旋盤 1台
●メタルソー 9台
●ボール盤 8台
●TIG溶接機(デジタル・アナログ)7台
●丸パイプ自動研磨機 1台
保有特許
品質管理 ISOシリーズ・・・
ISO


QC活動・・・QCサークルあり

●ISO9001
 ・1998年6月取得、2010年まで更新。
 ・2010年3月、環境規格14001に吸収のため規格返上。
●ISO14001
 ・2002年12月取得、現在まで更新運用。
 ・2010年4月より9001の運用体制を吸収。
 ・不良などあらゆる「ムダ」が「重要な環境側面」との認識で、9001のマネジメントを継承しながら統合運用中。
●品質管理の仕組みとその「見える化」
 ・一次記録とPDCAプロセスが「いつでも、どの部門」からも把握できる運用。
 ・管理指標として「不良率」「Fコスト」を採用。全部門で同じ物差しで状況把握を行っている。
 ・月一回の部門長会議・リーダー会議でPDCAをフォロー。
 ・「三現主義」のもと、問題発生時に即「現場ショート・ミーティング」で実態把握を徹底。
 ・「是正処置報告書」により再発防止と水平展開を図っている。
納期対応 ●「お客様の関心はQCD」の思いを全社員で共有し、特にリードタイム短縮で昨今の短納期要請に応える。

●生産工程を統合管理し、流れを「見える化」

 ■資源の制約と急ぎの受注を計画として両立させ、無理なく短納期に応える工程を生成


●リードタイムを3つの指標で管理

 ■受注LT、出荷LT、製造LTの3つを指標化
 ■毎月の推移を部門別・製品別に把握し問題点を「見える化」
対応できる加工種別 プレス、板金、曲げ、切断、切削、研削、研磨(バレル研磨・ホーニング・ラッピング研磨・バフ仕上げ・バフ磨き・バフ研磨・ショットブラスト)、ねじ加工、穴あけ加工・タップ加工、表面処理(メッキ)、表面処理(塗装)、表面処理(磨き)、表面処理(その他、アルマイト仕上げ・エッチング・エンボス・酸洗等)、溶接(融接)、溶接(圧接)

このページを印刷する

メールでこの企業に問い合わせる
モノづくりワンストップ相談 TEL. 06-4309-2306
この企業のカタログをみる

ただいま、この企業のカタログ掲載はありません。

異業種交流・共同受注グループ
技術用語集